FXと株取引との違い

###Site Name###

余剰資産を運用して、さらに資産を増やす方法には、さまざまなものが知られていますが、FXなどは割と手軽にはじめられて、しかも収益を増大させるチャンスも大きなものといえます。


同じような資産運用の手段として、株取引などもありますが、両者にはかなり大きな違いがあるといえるでしょう。
たとえば、株の場合には、前場、後場にわかれて、その日の午後の早い時間にはもう取引が終了してしまいますが、FXの場合には原則として24時間にわたって取引ができるため、たとえ東京時間に収益が得られなかったとしても、ロンドン時間やニューヨーク時間を中心としたトレードで、収益を上げるということが可能なわけで、それだけ機会に恵まれているとはいえるでしょう。

livedoorニュースの価値ある情報を探してみてください。

また、株であれば銘柄がさまざまですが、FXの場合には、たしかに通過ペアは無数にあるものの、株にくらべれば限定されており、特に米ドル円やユーロ円、ポンド円、ユーロドルなどといった主要な通貨ペアがはじめから明らかですので、初心者でもトレードの際にまよわずにすむというメリットがあります。



さらに、FXではレバレッジという考え方が用いられており、担保というかたちであらかじ口座に入金してあるお金の何倍もの金額にあたる外国通貨を運用することができます。


これは株取引などにはない大きなメリットであり、小さな金額の資金しかもっていなかったとしても、レバレッジを使うことによって、大きな資産を形成することが可能なのです。