FXの確定申告!損失が出た場合もしたほうがいい?

###Site Name###

FXの確定申告では、サラリーマンの人なら雑所得となりますので、年間の利益が20万円を超えていなければ必要ありません。
20万円を超えていても、書籍の購入費や有料セミナーの参加費などを差し引いたら20万円以下になる場合も、確定申告は必要ありません。

また、意外と知られていませんが、FXでは3年間の繰越控除が適用されます。

ある年に損失が出たら、その損失を確定申告しておくことで、3年間は利益から控除できるようになっています。

例えば、ある年に300万円の損失が出たとします。

最新のマイナビニュースについて補足説明いたします。

翌年に100万円の利益が出たら、100万円を控除できるので税金はゼロになります。さらに次の年に100万円の利益が出たときも同様です。



3年目の年に、200万円の利益が出たとします。

残っている控除額は100万円なので、200万円から100万円が引かれて、100万円に対してだけ税金がかかります。



このように、FXでは確定申告をすることで、損失が出た分を一定割合ですが取り戻すことができます。
FXにかかる税金はおよそ20%ですので、このケースですと60万円が取り戻せていることになります。損失の金額が大きくないと意味がないと考えるかもしれませんが、損失が30万円でも6万円が戻ってくると考えられるので、やはり確定申告はしておくことをおすすめします。

FXを続けるのであれば、3年以内に利益がでる可能性はそれなりにあります。
もうやらないつもりであっても、3年以内に気が変わって再びやる可能性もあるので、やはり確定申告はしておくべきです。