FXで重要な支持線と抵抗線

###Site Name###

FXでチャート分析を行う場合に重要視されている分析方法が支持線と抵抗線です。

サポートラインとレジスタントラインと呼ばれることもあり、多くの投資家が意識しているテクニカル分析方法です。

livedoorニュースを知りたいならこちらです。

支持線は、チャートに表示されている足の安値をおおまかに一直線で結んだラインのことで、時間とともに値が動くなかにあっても支持線まで下がるとそこで反発することが多いラインとして認識されています。

抵抗線は支持線の逆であり、足の高値を大まかに結んだラインです。
値動きが上昇傾向にあっても、抵抗線に達するとそこで上昇が止まり、反転してしまうことが多いのです。


しかし、値動きが支持線と抵抗線で止まらずに、それぞれのラインを突破するとその方向へ強い勢いを持って進んでいき、これまで抵抗線であったラインが支持線に変わることも有り得るほど影響力が強いのです。

FXでは、この支持線と抵抗線を利用して売買タイミングを計ることが可能です。



レンジ相場であれば、支持線で買い、抵抗線で売るという売買を繰り返すことでリスクを軽減しながら利益を出す手法が有名です。

トレンド相場であれば、支持線や抵抗線を突破するまで待ち、突破したところで注文を入れます。このときは強い勢いを持つので、通常よりも取引量を増やして一気に大金を稼ぐことも不可能ではありません。

近年では支持線と抵抗線の知名度が上がったことでその精度が落ちているという指摘もありますが、FXにおいては依然として有効な分析手法だと言えます。